20200712-IMG_4237

スカイチューブ様より発売されました、Dai-Yu ダイ・ユー illustration by Tony DX Ver. フィギュアレビューです。




今回はTony先生の発行する同人誌「艶娘幻夢譚」のキャラクターの立体化である、ダイ・ユーをご紹介いたします。

本来であればSTPで発売されるフィギュアであったと思われますが、今回からスカイチューブさま本体での発売となりました。
人気シリーズだけに、その出来栄えたるや大変楽しみにしておりました。

それではお付き合いの程よろしくお願いいたします。



20200712-IMG_4242

空色のチャイナドレスに身を包んだ透き通るような美少女

透き通るような肌色からは、白磁の陶器のような美しさと滑らかさが感じられます。

スラっとしていて華奢な印象を受けますが、例のごとくたわわに実った胸部装甲とメリハリのある稜線のボディラインがとても魅力的です。


20200712-IMG_4239

実際のところ、肌の色は私が所有するフィギュアの中でもダントツで白い。
デコマスは肌色が良く効いた彩色だったので、フィギュアから受ける印象にかなり差異があります。

20200712-IMG_4249


20200712-IMG_4255

仕様変更があったのかもしれないですね。しかしながら、肌の表面処理が良く前述の通り白磁のような美しさなので、これはこれで有りかと思います。

20200712-IMG_4253

造形はいつものようにかなり良い仕上がりです。

20200712-IMG_4259

スリットスカートの蝶の意匠が目にも鮮やかです。スカートは黒のクリア素材。
パンツのところが特に透けてるスケベ仕様です(^ω^)

20200712-IMG_4260

20200712-IMG_4264

空色のドレスの中を優雅に飛び回る蝶の意匠も、美しいことこの上ない。
シワ感の表現もお見事です。

20200712-IMG_4265

20200712-IMG_4266

二胡もなかなか良い出来です。

20200712-IMG_4268

20200712-IMG_4271


20200712-IMG_4272

ツーンと来てるね。まっちゃさんには良くわかるよ(´ρ`)

20200712-IMG_4275

20200712-IMG_4276


20200712-IMG_4367

二対の扇子が付属。それに合わせて両手パーツも別途用意されています。

扇子も含めると、なかなかに色の多いフィギュアですが、バランスを考えて調和させるそのセンスたるや素晴らしいですね。

20200712-IMG_4372


スカートは別パーツで超ミニが付いてきます。胸部の交換パーツも勿論付属しています。
20200712-IMG_4400


20200712-IMG_4651

蜜を求めて闇夜を舞う夜の蝶

まさに豹変とも言うべき艶かしさを湛えた蠱惑の表情。
ドレスにあしらわれた蝶の意味する所を、思わず考えずにはいられない魅惑の旋律を奏でています。

20200712-IMG_4652

20200712-IMG_4650

20200712-IMG_4649

20200712-IMG_4648

20200712-IMG_4635

20200712-IMG_4634

20200712-IMG_4633

20200712-IMG_4630

20200712-IMG_4639

20200712-IMG_4638

20200712-IMG_4644

20200712-IMG_4647

20200712-IMG_4662

20200712-IMG_4665

20200712-IMG_4666

20200712-IMG_4656

20200712-IMG_4661

悪いこと考えてる顔だねこりゃ( ˘ω˘ )
20200712-IMG_4667

20200712-IMG_4669

20200712-IMG_4672

20200712-IMG_4674

20200712-IMG_4699

こういう顔って恍惚顔って言うのかな?
良きですな(*´ω`)

IMG_4676


IMG_4148

二つの顔を持つ女って言うフレーズはよく耳にしますが、まさにそれって感じでした(*´Д`)

IMG_4174

IMG_4201

IMG_4204



総評

デコマスとの違いはあれど、全体的な出来はとても良く買って損はしないフィギュアであると思います。

出来れば下半身の別パーツを付けてもらえれば、なお良しでした。ここら辺はレーティング無しのバージョンと部品を共有している関係上、仕方なかったのかもしれないですけどね。

艶娘幻夢譚のフィギュア化は今後も続くとのことですので、今後も期待して待ちたいと思います。


それではこれにて終了とさせて頂きます。お付き合いいただきありがとうございました。