IMG_0930

マジックバレット様より発売されました、 ふふ黒オリジナルキャラクター 艶姿 伍 フィギュアレビューです。

*アダルトカテゴリーでのレビューです。18歳未満の方のご閲覧はお止めください。



マジックバレット様の艶姿シリーズの最新作が遂に弾着しました。

めくるめくアブノーマルな世界観が魅力の艶姿シリーズだけに、レビューさせて頂くことを楽しみにしておりました。。


それではお付き合いの程よろしくお願いいたします。



IMG_0972

朱の荒縄が絡みつく真白な肌が背徳感を刺激する

真白で穢れなき柔肌を穢すかのように絡みつく荒縄が、見る者の背徳感をこれでもかと言うくらいに刺激します。

既にしなだれ落ちた帯紐と捲れ落ちそうな着物が、白く美しい裸体を際立たせ、何とも煽情的な情景です。着物の色が明るさや温かみを感じさせる橙色というのも、アブノーマルな雰囲気とのギャップを生み出しておりとても良いと思います。

IMG_0970

今回の撮影ではこの写真以外使用していませんが、かなり大きな円形の台座が付属しています。フィギュアそのものの大きさはそれほどでもないですが、飾るスペースはそれなりに必要となります。

しっかりとした色付けと表面加工が施されており、高級感を感じさせる仕上がりです。
IMG_0966

20200225-IMG_0982

当然ながら、反対側からはその表情をうかがい知ることが出来ません。これはこれでそそります(´ρ`)


20200225-IMG_0983

右のふとももには原画通りにほくろがしっかり書き込まれています。ふともものほくろというのもなかなかセクシーなモノです。

20200225-IMG_0984

20200225-IMG_0990

20200224-IMG_0981

本物の荒縄ではないですが、荒縄の質感をしっかり感じさせる造りです。

IMG_0973

肌のグラデーションは必要最低限に施されています。ふふ黒先生と言えば印象的な肌の墨入れとグラデーションが特徴的ですが、このフィギュアは美しい白で彩られていますね。

20200224-IMG_0977


20200224-IMG_0975

白いふんどしと猿ぐつわ。朱の荒縄と相まってアブノーマル感が全開です。

20200224-IMG_0974

こちらから視線を外して羞恥心をあらわにする姿は非常に艶かしい。

20200225-IMG_0988

20200224-IMG_0976

かと思いきや、目線を合わせると、期待と興奮に彩られた表情で微笑みかける少女の姿が。。。

どえらいスケベである( ˘ω˘ )

一粒で二度おいしいとはまさにこのこと。

20200224-IMG_0978

この向きによって表情を変える造りは、はっきり言って神ってるね。この少女が魅せる二面性こそが、このフィギュアの最大のテーマなのでしょう。

20200224-IMG_0979

B地区は陥没地帯なのだが、しっかりと形を保って埋もれていてこれもスケベポイントが高い。

20200224-IMG_0980


IMG_0930

しなやかな筋肉と肉の柔らかさが最高である( ˘ω˘ )

脚に力を入れて腰を突き上げる姿勢ゆえに浮き出る、しなやかな脚の筋肉や浮き出た腹筋が少女の内にある獣を感じさせます。それだけにとどまらず、ふんどしの紐で寄せ上げられたわき腹の柔らかそうなお肉が女性的な雰囲気を纏わせており、この二つの相乗効果たるや極上です。

IMG_0953

このフィギュアはすごく朱色なイメージを感じさせます。少女の熱情と欲望を感じさせるからです。

IMG_0949

ちなみに、このフィギュアでは下半身パーツが3種類付属しますが、当ブログのポリシー上、紹介する
のは二つまでとなります。

IMG_0956

さらに腰高。ピーンと張りつめた肢体はしなやかで美しい。

IMG_0958

IMG_0960


IMG_0961

さんざん上から撮ったけど、やっぱり私はこの位置、この目線が狂おしいほどに好きです。

IMG_0946

これは少女の夢なのか、はたまた現実なのか。。。

IMG_0962



総評

全開の艶姿髭もすごかったですけど、今回の伍も負けず劣らずスゲー出来でした。
粗が無いわけでは無いんですけど、それを吹き飛ばすくらいのパワーと情感をこのフィギュアからはビシビシと感じられました。

「少女のもうひとつの顔」存分に堪能させていただきました。


それではこれにて終了とさせて頂きます。お付き合いいただきありがとうございました。